沿革CORPORATE HISTORY

2008年(平成20年) 7月8日。タキマテック株式会社を設立。
2010年(平成22年) 太陽光発電事業に参入。住宅用太陽光発電で徐々に実績を上げ、知名度を高める。
2012年(平成24年) 「固定価格買取制度」がスタート。
これに伴い、住宅用太陽光から産業用太陽光まで太陽光システムの販売・設計・施工を一貫して行う企業として、飛躍を遂げる。
2012年(平成24年) 一般社団法人日本PVプランナー協会が設立される。同協会の発足当初からかかわりを持つ。
2014年(平成26年) 代表小瀧が、一般社団法人日本PVプランナー協会の北関東エリアのマネージャーに就任。
2015年(平成27年) 代表小瀧が、一般社団法人日本PVプランナー協会の理事に就任。